洗顔において気をつけることは、
肌質に合った洗顔料を選ぶことと正しい洗顔方法で洗顔することです。
これらを誤ると、肌の乾燥を呼び、肌トラブルを招きかねません。

洗顔後の肌の乾燥には要注意です。

洗顔によって、肌の皮脂を奪いすぎると、
乾燥を招くのみならず、肌を外部の刺激などから守ってくれている大切な肌バリアまで失ってしまいます。

肌の皮脂は、皮膚の一番外側で一次バリアとしての役割を果してくれているのです。

過度に皮脂を落とし過ぎないよう、肌質に合った洗顔料を選びましょう。

肌を乾燥させないためには、洗顔は冷たい水や熱いお湯を避け、
ぬるま湯で行いましょう。

乾燥肌であれば、26~28℃、
脂性肌であっても、32~34℃というぬるいお湯で行います。

洗顔の後は、すぐにスキンケアをしましょう。
セラミドなど保湿成分が配合された保湿美容液でケアするのがベストです。

人気の保湿美容液には効果の高い保湿コスメが多くあります。
自分の肌に合ったコスメを見つけ、美肌を目指しましょう。